スポンサーリンク

中村倫也⑨「ワシミミズクを飼ったらやりたこと」~癒漫画byTwitter

中村倫也
この記事は約2分で読めます。

中村倫也さんのTwitterの癒し漫画シリーズ

今回で9回目となります。
すごいですね。

今回は、

「ワシミミズクを飼ったらやりたこと」

です。

そして舞台は

2025年です。

2025年のストーリーのようです。

スポンサーリンク

癒し漫画はこちら

ワシミミズクを飼ったらやりたいこと

ワシミミズクとは?

ワシミミズクは、
鳥綱フクロウ目フクロウ科ワシミミズク属に分類される鳥類です。

日本では迷鳥として
北海道、伊豆諸島、奄美大島で
数回の記録があるだけとされていましたが
その後の調査で北海道北部で数つがいが
繁殖しているのが確認されています。

北方領土の国後島、択捉島でも
少数が留鳥として生息しているそうです。

ワシミミズクは
全長:58 – 71cm、体長:約72cm
翼開長:152 – 180cm
体重:1,500 – 1,800g

羽色は赤みのある黄褐色かクリーム色で、
全体に不規則な縞や斑があります。
体色は褐色。
目の虹彩は橙色で、くちばしは黒い。
足指まで羽毛がある特徴を持っています。

スポンサーリンク

迷鳥・留鳥とは?

迷鳥はその種が本来は生息・分布していない地域に
おいて迷って来たかのようにみられる鳥のことです。

群れからはぐれた渡り鳥の個体などが多いそうですが、
まれに他の地域の留鳥が迷鳥になることがあるそうです。

留鳥とは、
留鳥はいわゆる渡り鳥ではない鳥であり、
その地で繁殖しているしちている鳥のことを指します。

これまでの①から⑧シリーズはこちらから

⑧メガテリウム
⑦グソクムシ
⑥アカシュモクザメ
⑤ウマ
④ウサギ
③ハリネズミ
②イヌ
①ネコ

スポンサーリンク

まとめ

今回のシリーズで

中村倫也先生の

癒し漫画シリーズが

9回目を迎えました。

知らない動物を知り

動物の可能性と人間との

関りを理解できる

非常に勉強になる漫画です。

次作も期待です。

以上、onekoでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました