スポンサーリンク

中村倫也⑥「アカシュモクザメを飼ったらやりたいこと」癒し~漫画

中村倫也
この記事は約2分で読めます。

中村倫也さんの癒し漫画シリーズ
今回は、予想を反して
「アカシュモクザメ」でした。

まずは、シリーズ⑥の漫画をご覧ください。

倫也⑥ツイート

「アカシュモクザメを飼ったらやりたいこと」

スポンサーリンク

アカシュモクザメとは?

アカシュモクザメはシュモクザメ科に属するサメ。
世界中の暖かい海の沿岸に生息する。
全長4.3 m。「撞木(シュモク)」とは、
鐘をたたく木槌のこと。

頭部分が撞木(シュモク)のような形をしているので
こう名付けられている。

最大で全長430cm、体重152.4kgに達する

頭部の”ハンマー”は湾曲し、中央に窪みがあることが特徴で、
他のシュモクザメ類と見分けるポイントになる。

和名の”アカ”とは肌と肉の色に赤みが入っていることからであり、
外観が赤いと言う訳ではない

シロシュモクザメは名前のように、
肉の色が白みがかっていることから、その名が付いている。

一般的にシュモクザメ類は、
メジロザメ科のサメや、ホホジロザメほど人を襲うことはなく、
死亡例は殆どないと言われるものの、
サメ類全般の中ではやや性質は荒く、
本種は海水浴場のような場所や、
人の脚が立つような比較的浅い海域にも進出し、
駆除の対象にもなることから、近寄らないように警戒を呼びかけている

スポンサーリンク

これまでの癒し漫画は

「ウマ」「ウサギ」「ハリネズミ」「犬」「ネコ」

スポンサーリンク

まとめ

アカシュモクザメはきっと
飼うことは難しそうですね。

ウマもはずれたけど
アカシュモクザメとは

うーん

想像もつきませんでした。

次の作品をお待ちしております。

以上、onekoでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました