スポンサーリンク

【うつな毎日】私は誰かに必要とされているの?君がいるから私は生きていけるだよね。きっと。

終活な恋愛
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、onekoです。

私は、うつ病になってから通勤という地獄から離れて生活をしてます。

でも、いつも思うことは、私は

生きる価値があるの?

これは、「うつ病」だから、こう思ってしまうものだと

周りから言い聞かされてきたように思えます。

スポンサーリンク

生きる価値は誰が決めるのか?

自分の否定

生きていることの無意味さ

居場所がない

不必要

誰かに必要とされてない

そんなことばかり考えてこの半年を過ごしてきたように思えます。

スポンサーリンク

毎日何かがしたい

自分を試す「チャンス」かもしれないと思ったからブログをはじめました。

でも、見つかってません。

自分の価値って何でしょうか?

私は、

自分が必要だと思われていること

会社であれば、給与をもらっている分への貢献と考えてました。

今の自分。

必要としている人っているのかなと考えます。

私がいないと生きていないのは、同居しているペットだけだなと思いました。

周りの人は、

「病気」だからと言いますが、「病気」だからではなく、

一緒に住んでいる人、一緒に空気を吸っている人、側にいる人に

認めてもらいたかったのかなと思います。

「うつ病」は

自分が「不必要」「意味がない存在」「無価値」であり、突発的な死を考える病気です。

だから、「居場所」を探すのに毎日 もがいてます。

しかも、「脳」の病気です。

私が欲しいのは、一緒に生活している人や周りから認められることなのかもしれない。

「あなたがいるから、生活が出来る」

「あなたがいるから、助かった」

「あなたがいるから、楽しかった」

「あなたの、おかげ」

という言葉や行為を期待したようです。

ペットは、私がいないと生きていけません。

私がやることは、「自分を許すこと」「自分をあきらめること」

一緒にいる、猫がいないとたぶん生きていけなかった。

スポンサーリンク

まとめ

ペットと一緒に生活をしてみて、一番得たことは

君がいるから私は生きていけると思えたこと。

「うつ病」になってからは、

どうして生きているんだろう?

私は誰かに必要とされているの?

この繰り返しです。

でも猫のためには、

まだまだ、生きていかないと。

そういう気持ちを持つようになりました。

君と一緒に生きることが出来て、ほんとよかった。

今現在も。

今日は、気分があまりよくなく。

以上、onekoでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました