スポンサーリンク

木村拓哉の過去のドラマ(推奨)ベスト5プラス3

木村拓哉
この記事は約13分で読めます。

木村拓哉さんのおすすめドラマをピックアップ!

若き頃の木村拓哉さんも
ほんと、素敵です。

この時期、見てほしいです。

勝手にベストドラマをピックアップしました。

なんといっても1番はやっぱり

「ロンバケ」です。

スポンサーリンク

『ロングバケーション』(Long Vacation)

木村拓哉さんのドラマでは、ピカイチでお勧めしたいのが
やはり、『ロングバケーション』(Long Vacation)

山口智子さんとのカラミと

ミナミのセナへの気遣いが最高

『ロングバケーション』(Long Vacation)

1996年4月15日から6月24日まで毎週月曜日21:00 – 21:54
フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本のテレビドラマ。

主演は木村拓哉と山口智子

略称は「ロンバケ」

セナ~くん、アイルトンセナ~くん

と、ミナミが瀬名くんを呼んでました。

オープニングのテーマソングは
久保田利伸 with Naomi Campbell  
「LA・LA・LA LOVE SONG」

『ロングバケーション』あらすじ

落ち目のモデル、葉山南は結婚式当日に婚約者が失踪してしまい、
そのルームメイトだった冴えないピアニストの瀬名秀俊
やむを得ず同居することになる。
結婚に失敗し落ち込む南に瀬名は人生がうまくいかない時は
神様がくれた休暇」(ロングバケーション)だと
考えようと提案し励ます。
瀬名も自分の才能に自信を持てず、
後輩の涼子との恋もなかなか進展しない。
瀬名と南はトラブルだらけの同居生活の中で、
次第にお互いがかけがえのない存在になっていきます。

『ロングバケーション』
脚本:北川悦吏子
演出:永山耕三、鈴木雅之、臼井裕詞
出演者:
木村拓哉、山口智子、竹野内豊
稲森いずみ、松たか子、りょう
豊原功補、森本レオ、広末涼子
テーマソング
久保田利伸 with Naomi Campbell「LA・LA・LA LOVE SONG」

■名場面

スーパーボール
窓から落とす!!!

やった方いらっしゃるんでは?

スーパーボールを窓から落とすシーン

だんだん、
互いを意識し、kissするシーン

みなみの「いいよ」が好きだった!!

「いいよ~」の山口智子のセリフが好き!

携帯電話がない時代だから、
いまだと「????」って思うシーンもたくさんあるけど、
木村拓哉さん演じるセナくんほんと若くってかわいい。
山口智子さん演じるミナミの女子っぽいところも大好きなドラマ!

出演者も今からみるとすごい豪華

セナくんのピアノの教え子役の高校生は 
広末涼子さん、卵のようにつるつるでした。

そのほか、豪華メンバーがたくさんです。

見てください。豪華です。

瀬名君のピアノを弾いて、
ミナミのようにピアノに目覚めた方もいるんではないでしょうか?

その曲はこの曲です。

  • 『Minami – Piano Piece of Sena』
  • 『Close to you〜瀬名のピアノ』

瀬名がこの曲を弾くシーンは何度かありますね
そのうち一シーンは木村本人が演奏しているそうですよ。。。
木村はこのシーンのために、ピアノのレッスンを受けたそうです。

ロンバケのラストシーンについても
当時は話題となりましたが、
本編の最終回ラストシーンはボストンから
リアルタイムで生中継だったそうです。

実際はロンドンのHolland Park Avenueで撮影され、
結婚式場に走っていく終わり方でした。

是非に、見てくださいね。

では、次は、映画にまでなった「HERO」をご紹介します。

スポンサーリンク

『HERO』 ヒーロー

映画も続編もあって見どころ満載のドラマは「HERO」

『HERO』は、フジテレビ系で放送された
日本のテレビドラマシリーズ。

このドラマは
シリーズ化しましたね。

主演は木村拓哉

第1期は、
2001年1月8日から3月19日にかけて「月9」枠で放送されました。

2006年に単発ドラマ

翌2007年には劇場版がそれぞれ制作され、
2014年7月14日から9月22日にかけて続編が連続ドラマとして
「月9」枠にて放送。

2015年には劇場版第2作が制作されました。

「HERO」のあらすじ

主人公である久利生検事は刑事さながらの行動派な
検事として自ら現場の捜査も行い、そ
の様は法曹界における型破りな検事を描いているドラマ。

■第1期

『HERO』 第1期( 2001年1月8日から3月19日 )は木村拓哉演じる
型破りで正義感の強い検察官と、松たか子演じる一見生真面目だが
どこかとぼけたところのある検察事務官のコンビの捜査活動を、
同僚検事たちの巻き起こすコメディを交えて描かれました。

プロデューサー 石原隆 和田行
出演者 木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、児玉清他
エンディング 宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」
放送期間 2001年1月8日 – 3月19日
放送時間 月曜 21:00 – 21:54

■特別編

『HERO』 特別編
2006年7月3日月曜21時 – 23時18分には、
5年ぶりに特別編(単発ドラマ)
特別編は、久利生検事が本編で転勤した石垣島から北海道を経て、
山口県の海沿いの企業城下町・虹ヶ浦にある
山口地検虹ヶ浦支部に赴任し、
そこで起こった殺人事件を担当することを主軸に
描かれています。

プロデューサー 鈴木吉弘 牧野正
出演者 木村拓哉、堤真一、 綾瀬はるか、ベンガル、
鈴木浩介、塩見三省、中井貴一他
放送期間 2006年7月3日
放送時間 月曜 21:00 – 23:18

スポンサーリンク

映画
『HERO』 2007年9月8日の映画版公開

6年ぶりに虹ヶ浦から東京地検・城西支部に異動となった
検事・久利生公平はある時、目下離婚調停真っ最中の芝山に代わり、
芝山が起訴した傷害致死事件の公判検事を任されることになる・・・・
韓国釜山の撮影もあり友情出演でイビョンホンも出演してました。

■第二期

『HERO』 第二期( 2014年7月14日から9月22日 )
第一期の「続編」となるが、久利生(木村拓哉)の“相方”となる事務官が
麻木千佳(北川景子)に交代となったほか、
久利生以外の検事がすべて入れ替わりました。

ゲスト出演で1期に出演された方が多く登場して、13年ぶり月9に復活し、
久利生新たな伝説の始まりました。

プロデューサー 渡辺恒也
出演者 木村拓哉、北川景子、杉本哲太、濱田岳、吉田羊、勝矢、松重豊他
オープニング 服部隆之「『HERO』-Main Title-2014」
放送期間 2014年7月14日 – 9月22日
放送時間 月曜 21:00 – 21:54

北川景子が事務官で登場し、話題に!

■映画
『HERO』映画第二作 2015年7月18日に公開

『HERO』映画第二作 2015年7月18日に公開
久利生と城西支部の面々、そして雨宮の情熱は、
外務官僚や大使をも動かしていく映画内容。
交通事故死した女性は靴を履いていなかった。
小さな不審点と思われた疑問の真相をつき止めようとした
久利生検事たちは、その謎の先にネウストリア公国の
大使館があることを知る・・・そして・・・・・・

第一部に登場した事務官だった雨宮さんが検事となって登場する
映画です。

HEROはちょっと、
変わった検事役の久利生公平から
目が離せませんでしたね。

ではでは、次は、「プライド」です。

スポンサーリンク

プライド

プライド』は、
2004年1月12日より3月22日まで毎週月曜日21:00 – 21:54、
フジテレビ系列の「月9」枠で放送されていた
テレビドラマでした。

主演は木村拓哉

こんなかっこいいことできないでしょという、
ドラマでした。

プライド
「氷上の格闘技」といわれるアイスホッケーに
情熱を燃やす青年の奮闘をメインに、
それに絡むOLとの恋愛模様、また選手との人間関係をリアルに描いた
「スポ根(スポーツ根性モノ)ラブストーリー」

主演は木村拓哉、ヒロインには竹内結子。
木村拓哉演じる里中ハルのコーチに佐藤浩市、
同じホッケーチームのメンバーに
坂口憲二、市川染五郎、佐藤隆太。
また女性陣は竹内結子演じる村瀬亜樹の
同僚に中越典子、MEGUMIなどが出演

キュン!が味わえるドラマ

現実と比較しない方にお勧めのドラマです。

プライド
企画と プロデュース 大多亮
脚本 野島伸司
演出 中江功、澤田鎌作、平井秀樹
出演者 木村拓哉、竹内結子、坂口憲二、市川染五郎、佐藤隆太
中越典子、MEGUMI、谷原章介、滝沢沙織、石田ゆり子、佐藤浩市他
オープニングの曲 QUEEN「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」

では、次は、「グッドラック」です。

スポンサーリンク

グッドラック

GOOD LUCK!!』は、
2003年1月19日から3月23日まで毎週日曜日21:00 – 21:54に、
TBS系の「日曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ

主演は木村拓哉

お父さん役が、いかりや長介さん
弟は、今は大人だけど、高校生役を演じたのが
中尾明慶さん

GOOD LUCK!!
全日空 (ANA)を舞台に、
木村拓哉演じる若手の旅客機パイロット・新海元を中心に、
恋愛と仕事に生きる人達を描く青春ドラマ。
恋の相手役は柴咲コウさんでした。

このドラマにも、搭乗者役として、
各回に有名ゲストが出演されてました。

GOOD LUCK!!
脚本 井上由美子
演出 土井裕泰、福澤克雄、平野俊一
監修  堤邦彦(医療監修)
出演者 
木村拓哉、堤真一、柴咲コウ、内山理名、 いかりや長介
竹中直人、段田安則、黒木瞳他
オープニング 佐藤直紀「Departure」
エンディング 山下達郎「RIDE ON TIME」

航空業界への就職希望者が増えてしまう現象も起きたとか・・・・・
今は、時代も変わり、この時期の

航空業界は大変ですけど・・

とても、いい時代でした。

スポンサーリンク

ラブジェネレーション

ラブ ジェネレーション』 (Love Generation) は、
1997年10月13日より12月22日まで毎週月曜日21:00 – 21:54に、
フジテレビ系列の「月9」枠で放送
主演は木村拓哉と松たか子

オープニング曲が、
耳にのこってしまうドラマでした。

オープニングは、 大滝詠一さんの「幸せな結末」

木村拓哉と松たか子が『ロングバケーション』以来の共演で
話題となった連続ドラマ。

ラブ ジェネレーション』 あらすじ
広告代理店のクリエイティブ部で働く片桐哲平は突然、
志望していない営業部への異動を命じられる。
追い討ちをかけるように、かつてのガールフレンドの水原さなえが
兄・荘一郎と婚約したことを知り、公私共に最悪だった。
哲平は理子と対立しながらも慣れない営業の仕事をこなしていくが、
やがて2人の仲は運命の恋に・・・・・・・

ラブ ジェネレーション
脚本 浅野妙 子尾崎将也
プロデューサー 小岩井宏悦
演出 永山耕三、二宮浩行、木村達昭
出演者 木村拓哉、松たか子、 内野聖陽、純名里沙、藤原紀香、
森口瑤子、平田満
オープニング 大滝詠一「幸せな結末」

スポンサーリンク

脇役でも素敵!是非に見てほしい3作品

眠れる森

眠れる森 A Sleeping Forest』は、
1998年10月8日から12月24日まで毎週木曜日22:00 – 22:54に、
フジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。
主演は中山美穂、木村拓哉。

スリリングなドラマでした。

地下鉄の毒ガス事件、一家惨殺事件が背景にあったり・・・・

また、最後の木村拓哉さんの列車のシーンが

その後どうなったか?

でも、その前に、コケるシーンがあったから、

きっと脳出血?で・・・・・

眠れる森 A Sleeping Forest』 あらすじ
蘭専門の植物園で働く実那子は、
3か月後に恋人・輝一郎との結婚を控えていた。
実は、実那子は15年前の市議会議員一家惨殺事件の
生き残りの次女であったが、当時の記憶を失っていた。

事件直後、警察は実那子の姉・貴美子と恋人関係にあった
大学生・国府を逮捕する。

ある日、実那子は事件の直後にもらったラブレターを見つけ、

その差出人に会うため、故郷の「眠れる森」に出かける。
そこで待っていたのは、
実那子の過去から現在までのすべてを知る謎の
男性・直季だった。
同じころ、模範囚だった国府が仮出所し・・・・・・・・・


眠れる森 A Sleeping Forest
原作と脚本  野沢尚
企画 亀山千広
制作プロデューサー 喜多麗子
演出 中江功、澤田鎌作
出演者 中山美穂、木村拓哉、仲村トオル、
ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、陣内孝則ほか
オープニング 竹内まりや「カムフラージュ」
放送期間 1998年10月8日 – 12月24日
放送時間 木曜 22:00 – 22:54

最後まで、気が抜けないドラマでした。

最後の列車の中の木村さんはどうなったのか????

では、次は「あすなろ白書」を紹介します。

スポンサーリンク

あすなろ白書

『あすなろ白書』は、
1993年10月11日から12月20日まで毎週月曜日21:00 – 21:54に、
フジテレビ系の「月9」枠で放送されました。

主演は石田ひかり、筒井道隆、木村拓哉。

『あすなろ白書』(あすなろはくしょ)は、
柴門ふみによる日本の漫画で小学館の雑誌『
ビッグコミックスピリッツ』に1992年から1993年にかけて連載され
そして、1993年にテレビドラマ化

出演者をみると、
今ではすごい方ばかりですよね。

『あすなろ白書』
女子大生・なるみを中心にした男女5人を描いた作品。
なるみと保の結ばれては離れる恋愛模様を縦糸に、
2人を取り巻く恋や友情が横糸として絡まり合い、
『あすなろ会』というサークルを通じ、恋愛と友情の狭間で、
20歳の日々の苦悩や喜び、時間の経過の重さや大切さ等の、
若さの証の全てを描いた青春群像劇。

『あすなろ白書』
原作 柴門ふみ
脚本 北川悦吏子
プロデューサー 亀山千広
演出 木村達昭、新城毅彦、田島大輔
出演者 石田ひかり、 筒井道隆、木村拓哉、鈴木杏樹、 西島秀俊他
オープニング 藤井フミヤ「TRUE LOVE」
プロデューサー 亀山千広
放送期間 1993年10月11日 – 12月20日
放送時間 月曜日21:00 – 21:54

木村拓哉さんは、サークルの中の一人の男子で、
取手くん役でした。

このシーンが印象的です。

さあ、結論はどうなったでしょうか?

是非に見てください。

スポンサーリンク

そして最後は、

「若者のすべて」です。

これ見た人っていますかね。

この出演者もすごい人ばかりですよ。

若者のすべて

『若者のすべて』は、
1994年10月19日から12月21日 
毎週水曜日21:00 – 21:54フジテレビ系の
「水曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。
主演は萩原聖人と木村拓哉。

『若者のすべて』 あらすじ
22歳の原島哲生(萩原聖人)は亡き両親が残した自動車修理工場を営んでいた。
妹の妙子(山口紗弥加)は両親を亡くしたショックで心を閉ざしており、
工場の経営は上手く行っていない。
圭介(武田真治)は町医者の父を継ぐため、4浪中。
亮子(深津絵里)は女優をめざし、薫(鈴木杏樹)は街を出て商社に勤めている。
ある事件がもとで植物人間になってしまった守(EBI)、
その原因に関与していた事で皆の前から姿を消した武志(木村拓哉)。
工場のある薄暗い街で22歳の夢と傷みが交錯するストーリー

『若者のすべて』
脚本 岡田惠和
演出 中江功、木村達昭、臼井裕詞
プロデューサー 亀山千広、杉尾敦弘
出演者 萩原聖人、木村拓哉、武田真治、鈴木杏樹、深津絵里他
オープニング Mr.Children「Tomorrow never knows」
放送期間 1994年10月19日 – 12月21日
放送時間 水曜日21:00 – 21:54

木村拓哉さんの役どころは、上田武志役
2年前のクリスマス、経営難の原島自動車を救おうと、
守と一緒に競馬のノミ行為で得た金をくすねたが暴力団に
見つかり守がボコボコに。
自分のせいで守が怪我をし、
その後の人生を守の為に生きようとする・・・・・・という役でした。

スポンサーリンク

まとめ

木村拓哉さんの過去のドラマを
ベスト5プラス3をまとめました。

これ以外の作品も

素敵ですが、

まずは、見てほしい作品

をまとめてます。

1993年って

何年前になるんでしょうね。

時代を感じてしまします。

木村拓哉さんは

今でも

かっこいいです。

以上、onekoでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました