スポンサーリンク

37セカンズ(Seconds) 体が不自由だからこそ生き方や見られ方を考える!

気になるニュース
この記事は約3分で読めます。

HIKARI監督作『37 Seconds(原題)』
今は、NETFLIXで見れますね

さっそく、見てみました。

まずは、予告動画もご覧ください。

スポンサーリンク

予告動画

37seconds 予告編(特報)

石田ゆり子さんのインスタより

心を揺さぶられた。
37セカンズ(37秒)とは
彼女が生まれた時呼吸をしていなかった時間なのだそうだ。
マイノリティとされているものは
ひとつの個性として
気持ちよく清々しく
フラットに描かれている。
そこにHIKARI監督の
素晴らしさを感じた。
登場人物全てが愛おしい。
魔女の宅急便を思い出した。
ユマちゃんは、キキだ。
キラキラとかがやいている。
素晴らしい映画をありがとうございます。

37セカンズのあらすじ

ユマ23歳。
職業「ゴーストライター」

生まれた時に、たった37秒息をしていなかったことで、
身体に障害を抱えてしまった主人公・貴田ユマ (佳山明)
親友の漫画家のゴーストライターとして、ひっそりと社会に存在している。
そんな彼女と共に暮らす過保護な母は、ユマの世話をすることが唯一の生きがい。

毎日が息苦しく感じ始めたある日。
独り立ちをしたいと思う一心で、自作の漫画を出版社に持ち込むが、
女性編集長に
「人生経験が少ない作家に、いい作品は描けない」
と一蹴されてしまう。
その瞬間、ユマの中で秘めていた何かが動き始める。
これまでの自分の世界から脱するため、
夢と直感だけを信じて、道を切り開いていくユマ。

その先で彼女を待ち受けていたものとは…

37セカンズキャスト

ユマ(佳山明 Mei Kayama)

1994年10月14日生まれ。大阪府出身。
生まれた時に、脳性麻痺となる。日本福祉大学・社会福祉学部を卒業し、社会福祉士の資格を取得している。本作品において、身体に障害を持つ女性たちを日本全国で一般公募し、約100名の応募者の中からHIKARI監督に見出され主役に抜擢。本作が演技初挑戦となる。

ユマの母 京子(神野三鈴 Misuzu Kanno)

俊哉(大東駿介Shunsuke Daitoh)ユマの良い味方

■渡辺真紀子&熊篠慶彦 ユマを応援してくれる人々

■萩原みのり&芋生悠(漫画家そして双子の妹)

■渋川清彦&宇野祥平

■奥野瑛太(お金で買った男)

■石橋静香(リハビリの看護婦役)

■尾見としのり(おじさん役)

■板谷由夏(雑誌の編集長)

映画に関するニュース

まとめ

NETFLIXでも見れるようになりました。

37セカンズ(37seconds)

主人公は

勇気もあって

すごい人だと思いました。

前向きで

ほんと素敵な人物

ストーリーも

見た後に

心がちょっと

明るくなります。

今の自分と比べてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました